大切なスタッフの方たちのために
まだもうひとつ、
御社にできることがあります。

WOCで変わる!1回3分間の新習慣

喜びの声が届いています!

株式会社藤倉運輸 様

東京都足立区に本社を置く藤倉運輸様(藤倉泰徳社長)はいち早くWOC-iPROの導入を決めた事業者様のひとつ。足立区トラック協会の会議でのデモで0.8だった視力が2.0に一回の使用で回復したのがきっかけだった。
「免許更新の深視力で手こずることが多かった、使用頻度の高い大型免許取得運転者は、導入後二か月程度で免許更新を迎えたが、一回で通った。又、もう一人のヘビーユーザーは左右の視力差が大きかったが、同機器を使用してから、徐々に差異が少なくなってきた。
実際に結果が出てきている同僚を見て、他のドライバーも、目の疲れ・視力低下に意識が向くようになってきている」(白田光治常務取締役)「口がきけなくなっても、耳が聞こえなくなっても標識や補助ミラーを付ければ、ドライバーは続けられる。でも目が見えなくなったらドライバーは続けられない。『ドライバーは目が命』」と藤倉社長は話される。
事故はみんなを不幸にする。被害者も加害者も会社も家族も…。
「視力トレーニング効果は疲労軽減だけでなく、事故防止にも役立つ」と期待を寄せられている。

株式会社野村運送 様

埼玉県入間市に本社を置く野村運送様(青山定雄社長)も目の疲労を抑止させ、事故防止に努めている事業者のひとつ。
青山社長はこう話す。「体は元気でまだまだ働けるのに、老化に伴う目の不具合で辞めていく高齢のドライバーを何とかできないかとの思いから、WOC-iPROの導入を決めた」
ドライバーの視力低下は、配送伝票を読む際に大きなストレスとなったり、事故に直結しかねないからだ。
自身も積極的に活用され、今年の免許更新では免許証から『眼鏡等』の記載が無くなった。
色々な協会の役員も歴任される青山社長、多忙故に、会社に来られないことも多い。
「会社にいる時は一日3回眼トレをするけど、中々毎日出来ないのが悩みなんだ」と話されている。

ご要望にお応えしレンタルもスタート!

で変わる
1回3分間の新習慣

美しい景色や楽しい映像を
見るだけのトレーニング
瞳すっきり、視界くっきり

【眼トレ】のすすめ
  • 見るだけの
    簡単トレーニング
    1回3分間の「眼トレ」で水晶体を調節する毛様体をストレッチ。視界がすっきり明るくなり、リフレッシュできます。
    また、同時に視覚による情報伝達を行うことで脳にも刺激を与えます。
  • 老眼、近視の
    進行を緩和
    3分間のぞくだけで、山の景色など遠方を1時間眺めるのに相当する無限遠方視が行えます。
    毛様体筋を弛緩して本来持つピント合わせの調節力を取り戻すことで、近視や老眼の進行を抑制します。
  • ドライバー
    パソコン作業、スポーツ
    ドライバーの安全管理をはじめオフィスでのパソコン作業、工場での緻密なチェック作業などの疲労回復に役立ちます。
    立体視(深視力)を正しくすることでゴルフなどのスポーツにもおすすめです。

企業様からの
お問合せが
増えています

- 納入先業界・業種実績 -

建設・不動産業界 物流・運送業界 出版業界 ゲーム・IT業界
医療機器業界 自動車業界 ゴルフ場業界

IT環境の普及により、以前からお問合せの多かった目の疲れが安全に直結しかねないドライバーの皆様の健康維持が課題となっている物流・運送業界などに加え、ゲームなどのIT業界はもちろん、パソコン仕事の多い建設・不動産業界や医療機器業界や、スポーツ関連業界まで、様々な業界の企業様からお問合せを頂き、納品しています。
従業員・スタッフや会員の皆様の目の健康をお考えなら、ぜひ、お問合せください。


専門家からのコメント

現代社会では、パソコンやスマートフォンなどの情報端末の発達で、仕事でもプライベートでも、1日中光学的な情報機器に接している時間が増えてきています。ご高齢の方でも、インターネットやテレビ、携帯なしでは生活できなくなったといっても過言ではありません。目は過酷な状況に置かれていると言えます。
一方、子どもたちも小学生からゲーム機で遊んだり、パソコンや形態等を使用し、さらに受験勉強で、小学校高学年から中学受験の準備の時期に、近視が大きく進むことは疫学調査でも明らかになっています。近視化傾向は増大してきています。そして、高校受験、大学受験と、どんどん近視化が進んでいきます。
そればかりか、人間の目の幅は約65ミリで、それよりも近いものを見ようとすると、無理やりピントを合わせるため寄り目になってしまいます。満員電車で携帯を見ているのがまさにこの状態です。
成長過程でみられる仮性近視の場合は、元に戻るチャンスがあります。めがねをかけ始めると、めがねで矯正することに目が慣れてしまって、どんどん度数が進んでしまい、もっと強いめがねが必要となります。
近くばかりを見ることが多くなった今、近くのものを見続けた後は、意識的に遠くのものを数分間見るようにしてください。距離的には、5メートル以上で、ボーッと見るのではなく、遠くのもの焦点を合わせるように見ると効果的です。

魚里 博
北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学 教授(医学博士・工学博士)

眼トレ 1日3分間の新習慣

【WOC-i PRO】は、眼科医院の【Dシリーズ】と同じように、ご家庭で手軽に眼の筋肉(毛様体筋)トレーニングを行うことができる健康機器です。パソコンや勉強、ゲーム等、眼を酷使する近業作業によって緊張状態にある毛様体筋を1回3分間、立体画像を見るだけで、ストレッチ効果を与えます。この「無限遠方視」の状態により、両目がまっすぐ平行に、かつ効率よく遠くを見ることができるため諸症状が戻されます。

お申し込みは正規の総代理店へ